ユニオン-スイス社の
CSR活動

ユニオン-スイス社の社会貢献活動

CSR(社会貢献活動)プログラムについて

バイオイルのCSRプログラムは、地球に優しいもの、バイオイルを最も必要とする人々のためとなるもの、バイオイルが貢献できるものに焦点を当て、社会貢献活動を行っています。ユニオン-スイス社は、バイオイルを通じて多くの活動に参加しておりますので、その代表例をご紹介します。

ルック・グッド...フィール・ベター

「ルック・グッド...フィール・ベター(Look Good...Feel Better、きれいになって、気分よくしましょう)」は、世界の化粧品業界が先頭に立って行われている女性のがん体験者をサポートする活動です。
その中心は無料のビューティー講習会で、この活動の趣旨は、化粧品を上手に取り入れることで治療の副作用による肌や毛髪の悩みを軽減し、気分をよくして前向きな生活を取り戻しましょう、というものです。闘病中や病後に役立つ基本のスキンケア、爪の手入れ、メイク方法から、ウィッグや帽子、スカーフの効果的な取り入れ方をお伝えし、参加者には化粧品が無償でプレゼントされます。
バイオイルを必要とするより多くのがん患者の皆様の手に届くよう、ユニオン-スイス社は「ルック・グッド...フィール・ベター」へのバイオイルの寄付活動を行っています。

赤十字子ども病院

赤十字子ども病院(The Red Cross War Memorial Children’s Hospital)は、南アフリカ共和国ケープタウンにある、アフリカ大陸サハラ以南唯一の小児科専門病院です。
ユニオン-スイス社は、年間1000人以上の患者が訪れる「やけど治療室」にバイオイルを寄付。この「やけど治療室」を退院する子ども達に贈られます。退院後、完治したやけど跡*のあとケア保湿に使われることで、親子のスキンシップが促され、お互いの愛情と信頼を高める一助にもなっています。

ユニオン-スイス社の環境への取り組み

排気

生産工程で、有毒物(CO2、無機ガス、またはVOC)は一切排出していません。

バイオイルには成分として水が含まれていません。
生産工程で使用する水の量は最小限に留め、水の浪費を防止しています。

廃棄物

生産工程で、有毒な廃棄物は一切排出していません。

容器

容器はすべてリサイクル可能です。余剰の容器、紙が出た場合にはリサイクルしています。
紙材は全て、南アフリカ規格局(SABS)と、林業事務局(FSC)の証明を受けており、印刷には生物分解性の野菜ベースのインクを使用しています。

動物実験

ユニオン-スイス社は、動物実験に対して厳格なポリシーを持っています。
2003年3月以降、ユニオン-スイス社が製造販売する全ての製品、原材料に関し、動物を使った実験は行っていません。